お客の気持ちを汲んだ取り組み

日本橋の「墨之栄」は居酒屋でして、ホール・キッチンのバイトの力を借りて一緒にお店を盛り上げていきたいようです。全国に展開している数多の居酒屋の中で如何にそのお店の個性をアピールしてお客に足を運んでいただくかが重要となります。人は生きる為に食べるという最低限の本来の在り方以上に、お客が食べている一時にどれだけ美味しく味わっていただき、または美味しさの中で幸福感を提供していくかのお店独自のスタイルを築く事が求められています。代表的なのが、この日だけ大出血の割引サービスをしていくなどして、お客の目を引く事でお店の繁盛に繋いでいくというのがあります。今では外食産業も増え、安くて美味しい牛丼屋や回転寿司がトップを占めている時代です。そんな中、お客の足を運ばせる要素となる新たな思考を凝らしている店主もおられるかと思います。
墨之栄が心掛けている独自のスタイルとしてお客が気軽に足を運びやすくなるような仕様として、個室別に垂れ幕が用意されていて、その人のプライバシーを配慮したお店の風景を展開しています。お客の中には知り合いや会社の同僚など顔見知りの人にあまり顔を知られずに食を満喫したいと思う方もいることでしょう。居酒屋に大勢で来て賑わいたいという人がいる一方で、一人の時間を楽しんでひっそりと過ごしたいという人がいることも事実なのです。その人それぞれの想いを胸に抱いて居酒屋で楽しい時を過ごしに足を運んでいるのです。そうしたお客の気持ちを察したのか、日頃バイトの方がお客の下に料理を運ぶ際に、お客が料理を運ばれる間の時間で人に見られずに気楽に待てるような気持ちに配慮した取り組みが必要なのだとバイトが気付く事の出来た結果としてのアイデアが、垂れ幕による人の視線に考慮した作りとして表れたのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です