ベットタウンで働くなら飲食店

茨城県は関東の北東に位置します。人口は300万人弱ほどで、県北、県央、鹿行、県南、県西地域に分けることができます。県北は日立市、ひたちなか市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、那珂市からなり、工業地帯として有名です。特に日立製作所関係の工場が目立ちます。県央は水戸市、笠間市、小美玉市であり、水戸市は茨城県の県庁所在地です。鹿行は鹿嶋市、潮来市、神栖市、鉾田市、行方市からなります。県南はつくば市、土浦市、取手市、牛久市、龍ケ崎市、石岡市、稲敷市、かすみがうら市、つくばみらい市と郡部の稲敷郡、阿見町、河内町、美浦村、北相馬郡、利根町からなり、東京都寄りなので東京都都市圏に含まれます。県西は古河市、筑西市、常総市、坂東市、結城市、桜川市、下妻市と、郡部の結城郡、八千代町、猿島郡、五霞町、境町からなり、こちらも東京都都市圏の一部に含まれます。茨城県の最低賃金は699円で、全国平均の749円より下回っています。東京都と近いので意外な気もしますが、労働力は東京都へ流れていることが考えられるので納得も出来ます。日立市などもあり工業地帯というイメージがあるので、バイトをするなら工場での短期バイトもいいかもしれません。短期バイトは日給1万円以上のところもあり、割のいい仕事です。最低賃金が少し低めなので、この短期バイトはとてもいいものです。その他は、ベッドタウンならではのファミリー層狙いのファミリーレストランや回転寿司などのキッチンやホールでもいいでしょう。ファミレスや回転寿司ではマニュアルがありしっかりとした研修制度もあるので未経験者でも安心して働けます。回転寿司ではバイトから社員の登用が多いので、正社員で働きたい人はまずはバイトから始めてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です